SATO社会保険労務士法人
お問合せ 03-6831-3310
採用情報 セキュリティ情報 個人情報保護方針 事業継続方針 リンク
メッセージ 事務所の特徴 法人概要 実績紹介 スタッフ紹介 事務所紹介 HOME
更新情報

2020.08.03

「News Letter No.153」を掲載しました。

2020.07.15

「セミナー情報」を更新しました。
「“外国人労働者の最新情報と今後の動き”セミナーのご案内」
アライアンス先企業のキャリアバンク株式会社がセミナーを開催いたします。
【日時】
(福岡会場)8月4日(火)14:00〜15:30
(佐賀会場)8月5日(水)14:00〜15:30

2020.07.15

「News Letter No.152」を掲載しました。

2020.07.13

SmartHR運営の人事労務メディア「SmartHR Mag.」にて「SATOグループ」が連載開始
株式会社SmartHRが運営する、人事労務メディア「SmartHR Mag.」にて、
SATOグループ(SATO 社会保険労務士法人、日本社会保険労務士法人、
SATO 行政書士法人)による記事連載を2020年7月10日より開始いたしました。
SATOグループ所属の社会保険労務士による、豊富な知見を交えた情報を定期的に発信することで人事労務の現場の課題解決を目指します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000015987.html

2020.07.07

「複数の会社等に雇用されている労働者の方々への労災保険給付が変わります」(2020年7月6日現在)
2020年9月1日以降に、けがをした労働者の方や病気になった労働者の方、
お亡くなりになった労働者のご遺族の方が下記の改正の対象となります。
(1)休業した場合等の給付額がすべての勤務先の賃金額を基に決まります。
(2)すべての勤務先の負荷(労働時間やストレス等)が総合的に評価され労災認定されるようになります。

詳しくは下記厚生労働省ホームページをご参照ください。

2020.07.01

「News Letter No.151」を掲載しました。

2020.06.30

「標準報酬月額の特例改定について」(2020年6月25日現在)
新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、
休業により報酬が著しく下がった方について、
事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、
通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、
特例により翌月から改定可能となりました。
※弊社の対応方針につきましては、現在検討中であり、後日展開させていただきます。

2020.06.17

「新型コロナウィルス感染症に関わる助成金・給付金・補助金の申請は助成金センターへお任せください」(2020年6月17日現在)
助成金・給付金・補助金の申請をお考えの皆様、弊社グループ・助成金センターを是非ご活用ください。

2020.06.15

「News Letter No.150」を掲載しました。
≫更新情報一覧
主なサービス
社会・労働保険手続き
確定情報を元に、社会・労働保険の手続き書類を作成し、行政官庁へ届出いたします。
離職票の退職者住所への発送
ハローワークで受理された離職票を、退職者指定住所へお送りいたします。
人事部様からの手続きに関する問い合わせ対応
手続きに関するお問い合わせに電話、e-mailにて随時お答えいたします。
詳細
詳細
詳細
従業員様または各拠点からの手続きに関するお問い合わせ対応
出産時や扶養異動時など、従業員様または各拠点からのお問い合わせに電話、e-mailにて随時お答えいたします。
従業員または各拠点からの各種申請書の直接受付
身上異動などの申請書を人事部様を通さず、SATOで直接受付いたします。
継続給付申請の従業員とSATO職員との直接やりとり
身上異動などの申請書を人事部様を通さず、SATOで直接受付いたします。
詳細
詳細
詳細
保険証の指定場所への発送
保険証を従業員様宅または、各事業場へ直接お送りいたします。
保険証交換業務
事業場の移転や、数年に一度ある保険証交換時、配布から旧保険証の回収までを一貫して行います。
被扶養者調書業務
年に一度行われる被扶養者調書の、ご本人様への送付から、問い合わせ窓口、回収、納品まで一貫して行います。
詳細
詳細
詳細
高いセキュリティとコンプライアンス、加えて札幌のファクトリー機能と事務処理の2元化により与信が立つ事務所として金融機関をはじめメーカーや製薬会社からもご支持いただいております。共済組合対応(人事院勧告による遡及計算にも対応)、1,000人以上の独立行政法人および大学の実績がございます。その他「大規模事業場向け」の「大量処理」の実現に伴い、飲食・娯楽小売、人材ビジネスのような労働力の流動性の高い企業様からもご支持をいただいております。市役所などの地方公共団体からは臨時職員の社会・労働保険事務を受託しています。
事例:日本マクドナルド株式会社 事例:バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社
≫詳細はこちら ≫詳細はこちら